アクアリウムに使う水草と水槽の基礎知識と選び方

アクアリウムに使う水草と水槽の基礎知識と選び方

アクアリウムを始める場合、水草や水槽などのアイテムを準備しなければなりません。しかし、初めてアクアリウムをする場合は、それぞれのアイテムをどのように選べば良いのか分からないという人も多いでしょう。そこで、水草と水槽について、基礎知識と選び方を紹介します。

水草の種類と選び方

水草の種類と選び方

水草には、自然水草と人工水草の2種類が存在します。


自然水草は、その名の通り自然界に存在し、生きている状態の水草です。自然水草は、アクアリウムに自然の植物を加えられることが魅力であり、こだわりのレイアウトにしたい人に最適だといえます。一方、人工水草は濡れても変質しない布やプラスチックといった素材で造られているアクアリウムアイテムです。

人工水草のメリット

人工水草は、植物ではないため枯れないこと、気軽にアクアリウムを彩ることが可能なこと、リサイクルして使用できることがメリットです。自然水草と最も異なるポイントは、枯れないことだといえます。


ただし、生きている植物ではないため自然に見せることは難しく、特に安価の商品はチープに見えることもあるでしょう。特に、明るいカラーの商品は人工的に作られていることが一目で分かるものが多いです。そのため、可能な限り自然に見せたい場合には色が明るい商品を選ばないようにしましょう。


また、人工水草は硬い素材でできているものがあり、素材によっては熱帯魚が人工水草に当たった際に皮膚に傷がつくことがあります。そのため、熱帯魚が泳げる空間を広く確保することが大切です。デメリットもありますが、気軽に水槽を彩れることや、水槽内のメンテナンスの頻度を少なくできること、水草を育てる自信がない人にとってはメリットが大きいといえるでしょう。

自然水草のメリット

自然水草のメリットは、見た目が美しく、アクアリウムの完成度が高くなることです。自然水草は、水の流れに沿ってゆっくりと動き、光合成をすることでより自然界に近い状態を作れます。高級感があるアクアリウムを作りたい人には最適でしょう。


また、上手に育てることで水草が増えるといった楽しみもあります。高級感があり、できるだけ自然に近いアクアリウムを作りたい人は、自然水草を取り入れる方法が有効です。


ただし、自然水草は枯れることがデメリットだといえます。自然水草が枯れないように維持するためには、アクアリウムを管理するための知識や技術、設備も整えなければなりません。水草を育てるために底床や照明といった設備を用意し、毎日管理しなければきれいに育たないでしょう。


 


つまり、人工水草で作るアクアリウムと比べると、自然水草を使う方法は費用や勉強をする時間がかかることを認識しておく必要があります。

水槽の種類と選び方

水槽の種類と選び方

アクアリウムのメインである水槽には、アクリル水槽とガラス水槽の2種類があります。熱帯魚の種類に合わせて選ぶのであれば、大きく力が強い熱帯魚には壊れにくいアクリル水槽、小さな熱帯魚や水草をメインにしたいのであれば、透明度が特徴のガラス水槽を使用する方法が有効です。


 


水槽の大きさで選ぶ際には、90cmほどが良い場合はガラス水槽、120cm以上の水槽が良い場合にはアクリル水槽を選びましょう。


また、外に水槽を置く場合、冬の時期にガラス水槽を屋外に放置すると水が凍り、ガラスが割れることがあるため注意しなければなりません。一方、太陽の光が当たる場所にアクリル水槽を置くと劣化して割れることがあります。飼育する熱帯魚や好みの大きさ、アクアリウムを置く場所に合わせて検討しましょう。

まとめ:必須アイテムから選んでアクアリウムを作ろう

まとめ:必須アイテムから選んでアクアリウムを作ろう

アクアリウムを作る際には、水槽や水草といった基本的なアイテムの基礎知識を身に付けてから準備する必要がります。選び方のポイントや注意点、種類ごとのメリットやデメリットも認識したうえで、自分好みのアクアリウムを作るアイテムを選びましょう。

櫻井プロフィール画像
  • Writing by櫻井

元不動産屋のフリーランス編集者/ライターです。経歴を活かした不動産関連記事、趣味であるペットの飼育経験を活かした記事作成を中心に担当しています。

あなたは_ist?

Other Article