【猫のダイエット】フリーランスや在宅ワークだからできる健康管理について

【猫のダイエット】フリーランスや在宅ワークだからできる健康管理について

肥満によって引き起こされる病気は、重篤な症状が出る場合もあるので注意しましょう。たくさんのおやつを与えたり、人間の食べ物を与えたりすると、結果的に大切な猫が病気で苦しむ可能性があるのです。猫が太っている場合のダイエット方法や、フリーランスや在宅ワーカーだからこそ行いたいケアについて紹介します。

猫の肥満は病気につながる

猫の肥満は病気につながる

健康管理をすることは重要ですが、同時に体型をチェックし、体重を管理することも非常に重要だといえます。猫も人間と同様に、肥満になることによって血糖値があがることで糖尿病になったり、肝臓に脂肪が蓄積する肝脂肪になったりすることが多いです。


 


また、脂肪が邪魔をして自分で体を綺麗にできなくなることが原因で皮膚病になるリスクがあるので注意しましょう。さらに、肥満が原因で動きにくくなり、排尿の回数が少なくなることで尿石症や膀胱炎といった症状を引き起こす可能性もあります。

猫のダイエットはフードを管理することが最も重要

猫のダイエットはフードを管理することが最も重要

猫がダイエットをする際に、運動をして体重を減らすのは困難だといえます。そのため、飼い主がフードの量やフードの種類を管理することが重要です。肥満気味の猫の場合、カロリーが低い食事・フード与えましょう。


また、年齢に適したフードを与えることもポイントです。カロリーそのものは低くなっても、健康を維持するための栄養素が十分に摂取できるよう、年齢に適した総合栄養食を与えます。


 


適当な量のフードを食べさせていると健康や体重を管理できないので注意が必要です。それぞれのフードの袋に明記されている1日あたりの摂取量を確認し、適正な量を与えましょう。肥満体型でダイエットをしたい場合には、目安量から5%程度減らした量を与えます。


水分が多く含まれているウェットタイプのフードは、ドライフードと比較してカロリーが低く満腹感を得やすいことが特徴です。1日1回はウェットタイプの総合栄養食を与える方法も有効です。

フリーランスや在宅ワークの人におすすめの食事管理方法

フリーランスや在宅ワークの人におすすめの食事管理方法

食事と食事と食事の間隔が空いてしまうと空腹になり、十分なカロリーを摂取しても満足できなかったり、多頭飼いをしている場合は他の猫のフードを摂ってしまう可能性があります。


 


少ない量を1日数回に分けて与えると、空腹を実感しにくくなり過剰摂取を予防することが可能です。フリーランスや在宅ワークの人は、自分でスケジュールを調整したり外出の機会が少なかったりするので、1日5回程度に分けて与えましょう。

一緒に遊んで運動量を増やす

一緒に遊んで運動量を増やす

猫のダイエットのためには、食事や体重を管理するだけでなく、運動量を増やすことも重要です。猫の遊び道具として定番のキャットタワーを利用し、飼い主も一緒に遊びながら運動をしましょう。


 


猫の運動量を増やすためには、高い場所と低い場所を行き来させる方法が有効です。高い場所に登る運動を押しながら遊ぶことによって、ダイエットだけではなくストレス解消にも効果的だといえます。

おやつの与えすぎに注意

おやつの与えすぎに注意

おやつを入れて遊べるおもちゃといったアイテムを活用するなど、少しでも楽しんで運動できるようなアイテムを活用することが重要です。コミュニケーションを取ったり運動した後のご褒美におやつをあげる際には、量に注意することも忘れないようにしましょう。


 


また、1週間に1回は体重測定を行い、大幅な増加や減量していないかを確認します。猫が太っている場合に、どのようにダイエットをすれば良いのか分からない場合には、かかりつけの獣医師に相談をするといった方法も有効です。他にも猫を飼っているのであれば、フードを与える際には別の部屋に分けて、他の猫のおやつやフードを取って食べてしまわないように対策を検討しましょう。

まとめ:肥満気味の猫のダイエットは食事の管理から

まとめ:肥満気味の猫のダイエットは食事の管理から

大切な猫を長生きさせるためには、日頃から猫の体型や健康を管理することが大切です。「嬉しそうにしている姿を見たい」という理由でおやつをたくさん与えたり、「少し太っていた方が見た目が可愛い」と考えたりするる人もいますが、肥満が原因で病気になってしまい、猫を苦しませることにつながります。フリーランスや在宅ワークだからこそ行いやすい猫のダイエット方法を取り入れて、飼い主が健康管理をしてあげましょう。

ゆうきプロフィール画像
  • Writing byゆうき

記事作成・編集・校正を請け負うフリーライター。生物全般が大好きで、これまで飼育した動物の数は10匹以上。趣味はスキューバダイビング。

あなたは_ist?

Other Article