【在宅ワーカー必見】猫ちゃんが夢中で1人遊する「おもちゃ」とは?

【在宅ワーカー必見】猫ちゃんが夢中で1人遊する「おもちゃ」とは?

ペットの猫ちゃんと一緒に仕事ができるというのは、自由な環境でお仕事ができる在宅ワーカーさんの特権ですよね。
ただ、締め切りが近かったり、案件が集中してしまうと「甘えてきてるけど、今は構ってあげられないなぁ」なんて思うこともあるのではないでしょうか。
そこで今回は猫ちゃんが夢中で1人遊びしちゃう「おもちゃ」をご紹介。猫の習性や本能を踏まえた「おもちゃ」を紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

猫ちゃんの習性や特徴を踏まえた【おもちゃ選び】のすヽめ

猫ちゃんの習性や特徴を踏まえた【おもちゃ選び】のすヽめ

猫ちゃんのおもちゃ選びをする際に気にすべきポイントはどこでしょうか?価格や見た目のオシャレ感など、いろいろあるとは思いますが、最も大事なのは「猫ちゃんが夢中で楽しく遊んでくれるかどうか」ですよね。


そんなわけで、ここからは「猫の習性や本能を踏まえたおもちゃ選び」について詳しくご紹介していきます。

猫は基本的にハンターである

猫は基本的にハンターである

猫は基本的には捕食者です。つまり獲物を追いかけ回すというのが本能として刷り込まれてるということ。


そのため、自分に向かってくるような「おもちゃ」よりも、自分から逃げ回るような「おもちゃ」を好む傾向にあります。


要するに「狩りごっこ」ができるようなものが良いということです。


また、それに関連して、猫は爪や歯をたてることで獲物を捕まえた実感を得ます。つまり、プラスチックのボールや大きすぎて咥えることができない「おもちゃ」は好まないということです。


ペットの猫ちゃんにも狩猟本能が備わっているので、それを考えると「逃げ回り、かつ柔らかくて小さいおもちゃ」が良さそうです。


在宅ワーカーの方は、仕事中、手を離せないことも多いと思います。なので「自動でチョコチョコ動く」なおかつ「柔らかくて小さい」ものを選ぶのがオススメですよ。

猫は赤と緑が認識しづらい⁉

猫は赤と緑が認識しづらい⁉

猫は赤と緑色を認識しづらい傾向にあります。


人間の網膜と猫の網膜の作りにこうした違いが出てしまうのですが、猫のおもちゃ選びはこうした「違い」もわかっていると良いと思います。


なぜなら、ペットの猫ちゃんに赤と緑の色あざやかな「おもちゃ」を買い与えたとしても、色がうまく見えないため、その魅力が伝わりづらいからです。


在宅ワーカーの方の中には「猫ちゃんの気を引いて、その隙に仕事を終わらせたい」と思ったけど、猫ちゃんが見向きもしないでうまくいかなかった、という経験がある方もいらっしゃると思います。


それはもしかすると「おもちゃの色」が関係しているのかもしれませんよ。


いずれにしても人間が見て「キレイ」「かわいい」と思うような色使いを基準におもちゃ選びをするのはNGということですね。

猫は高いところと狭いところが好き

猫は高いところと狭いところが好き

猫が高いところを好む理由は「高所は外敵が少なく、なおかつ獲物が見つけやすい場所だから」「多頭飼いの場合、自分の優位性を他の猫に示すため」。


狭いところが好きな理由は「1度手にした獲物を外敵に取られないため、狭い場所を安全と考えているから」「狭い巣穴にいる小動物を狩っていた過去があるから」などと考えられています。


猫が高い塀の上を歩いている様子や段ボールなど狭い場所に潜り込んでいるのにはこういった本能に根ざした理由があるのです。


これらを考えると、キャットタワーやキャットトンネルのような「おもちゃ」は猫の習性を活かすことができると言えるでしょう。


職場で猫を飼っている場合は、レイアウトやスペースの問題があると思いますが、キャットタワー・キャットトンネルは様々な種類があるので、在宅ワーカーの方はぜひご検討くださいね。


 

まとめ

今回は、猫の習性と本能を踏まえたおもちゃの選び方をご紹介していきました。「自分の猫ちゃんがどうしても一人遊びをしてくれない」とお悩みの在宅ワーカーの方は、猫の習性と本能を踏まえた「おもちゃ」選びをしてみるとうまくいくかもしれません。

古川貴央プロフィール画像
  • Writing by古川貴央

現在は編集業務の傍ら、ライティングやデザイン業務を承っています。
動物は大好きで、仕事の合間に「かわいい動物」の写真で癒されています。

あなたは_ist?

Other Article