トイレの失敗無し!我が家のトイレのしつけ方法のコツは足の裏

トイレの失敗無し!我が家のトイレのしつけ方法のコツは足の裏

我が家には3匹のチワワがいます。全員男の子です。

それぞれお迎えをした時期が違うのでしつけ方法も違いますが、完璧にトイレができるようになったのは二男チワワでした。

残念ながら長男チワワは3歳くらいまで失敗することもたびたびあり・・・。

というわけで、今回は二男チワワで成功し、三男チワワもトイレの失敗をしないという我が家のトイレのしつけ方法についてお話します。

まずは行動範囲を狭くする

まずは行動範囲を狭くする

まず、お迎えしてしばらくは狭いサークルの中で過ごさせました。


 


というのも、まだパピーでは寒暖差で体調を崩すこともありますから、室温湿度の調整が可能な範囲となると、ハウスとトイレと飲食のできるスペース程度のサークルで過ごさせる必要があるからです。


 


そのため、ハウス以外では必然的にトイレはシートの上でするしかできないようになります。


 


もちろん、ハウスの中にしてしまう可能性もありますから、ハウスには必ず洗濯ができるような敷物を敷きます。


 


そして、失敗してしまっても絶対に怒らない!ということが大切です。


 


トイレの失敗を叱ってしまうと、トイレを我慢したり、人の見ていないところでしてしまうようになります。


 


こうなると後々大変になりますので、気長に長い目で見てあげて、失敗しても怒ったり騒いだりしないようにしましょう。


 


知らん顔して、汚れた敷物を交換してあげます。その時は、必ずハウスの中も消臭する必要があります。自分のおしっこのにおいがつかないように気を付けてあげることが重要です。


 


そうするうちに、我が家でもだんだんとトイレシートだけにおしっこをすることを覚えるようになります。

行動範囲は徐々に大きく

行動範囲は徐々に大きく

トイレでおしっこしたことが確認できた時には、思いっきり褒めます!もう大げさなくらいに褒めまくります。


 


失敗したら無視してにおいの残らないように片付けて、成功したら思いっきり褒めてあげる、ひたすらこれを繰り返しました。


 


そのうちに、トイレシートの上ですれば褒められるし喜んでもらえるんだということを理解するようになります。


 


それができるようになったら、自分が目の届く時間だけサークルから出してあげましょう。


 


その時は必ずトイレシートをおしっこが間に合う間隔で数枚敷くようにします。


 


もちろん、サークルの扉は開けっ放しにして、いつでもサークルに戻っておしっこができる状態にしておいてあげることが必須です。


 


ただ、トイレまで戻る時間がわからないほど熱中してしまうときもありますから、おしっこがしたいときにシートがある状態にしておいてあげることが大切です。


 


こうして行動範囲が広がっても、トイレシートの上でおしっこができるように訓練しました。

自由行動は時間を決める

自由行動は時間を決める

行動範囲を広げてあげても、遊ぶほうに夢中になっておしっこをしなかったり、と思うと突然もらしてしまうこともありました。


 


そのため、自由に行動できる時間は10分~15分にして、それだけ時間がたったらサークルに戻しました。


 


遊ぶのが楽しくて、外に出たいとせがむかもしれませんが、体力的にも最初から長時間自由にした場合、まだ自分で調整できないわんこは体調を悪くする原因にもなりかねません。


 


そのため、短時間でハウスに戻してあげて、そのまま無視していればお水を飲んだり、トイレをしたり、ハウスで寝たりと自分の時間を過ごせるようになります。


 


ゆっくり自分のトイレでおしっこやうんちができる時間を持たせ、自分の居場所を作ってあげることが大切です。


 


「狭い場所でかわいそう」と思うのは飼い主さんだけみたいですよ。

わんこの癖を見抜く

わんこの癖を見抜く

いつも観察していると、だんだんとおしっこやウンチがしたい時の癖が見抜けるようになりました。


 


トイレの上を歩き回ったり、トイレシートをほりほりしたり、なにか癖があるはずです。


 


それがわかってきたら、行動範囲をもっと広げてあげます。


 


トイレがしたい癖(信号)がでたら、すかさずトイレシートをわんこのそばに持っていきます。


 


そして、トイレシートの上でおしっこやうんちができたら、やはり思いっきり褒めます!


 


食いしん坊の子なら、おやつで褒めるのも1つの方法ですね。


 


しかし、できるなら褒められてうれしいからシートの上でするようになったほうが、やっぱり後々、楽です。


 


二男チワワはトイレの失敗は絶対にしないのですが、いまだにトイレのあとはご褒美をもらいに来ます。もう9歳にもなったのに行動はかわりません。


 


その点、三男チワワは2歳ですが、トイレを成功してもおやつの要求はしてきません。気づいた時には、いまだに猛烈に褒めてあげています。

トイレは足の裏で覚えさせる

トイレは足の裏で覚えさせる

よく、トイレシートににおいの付いているものが売っています。


 


確かににおいで覚えるのも効果的かもしれませんが、そのにおいがどのトイレでもするわけではないので、我が家では普通のトイレシートを使いました。


 


それでも、なぜトイレシートの上ですることを覚えるのかというと、足の裏の感覚で覚えさせることができるのです。


 


こうやって足の裏で覚えさせることで、他の場所に行っても、室内ドッグランに行っても、必ずトイレシートさえあればそこでおしっこをするようになりました。


 


カフェに行っても、旅行に行っても、実家に行っても、トイレシートさえ持っていけばトイレの心配をしなくて済むのですから、やっぱり足の裏で覚えたことは正解だったと思います。


 

まとめ

こうして試行錯誤をしながら、3匹のチワワのトイレをしつけてきました。


 


長男チワワは小さいころは失敗をして、クッションやベッドカバーにおしっこされて困ったこともありましたが、なぜか二男をしつけているうちに、同じトイレで同じようにできるようになったのです。


 


今では3匹が家の中で生活していますが、100%トイレの失敗はしません。


 


ドッグランに行っても、友人の家に行っても、必ず備え付けのトイレでできるのでいつも褒められます。


 


しつけることももちろん大切ですが、「叱らない」「騒がない」「動じない」「気長にしつける」この気持ちが一番大切だと思います。


 


3歳までトイレの失敗が多かった長男も、13歳になった今はまったく失敗がありません。


 


時間はたくさんあります。「覚えてくれてありがとう」といえる日が来る日まで、どーんと構えて笑顔で見守ってあげて欲しいと思います。


 


こんな我が家のトイレのしつけ方法でした。

海野久美プロフィール画像
  • Writing by海野久美

ペット大好きワンちゃん大好き。元ペットショップ店長で現在獣医師を目指して猛勉強中です。ペットのことなら何でも聞いてください!

あなたは_ist?

Other Article