目を離した隙に!犬がイタズラをしたときの対処方法について

目を離した隙に!犬がイタズラをしたときの対処方法について

家事をしているとき、家を留守にしているときなどに、犬にイタズラをされた経験はありませんか?
犬は遊ぶことが大好きな動物であるため、床に落ちている物やリモコン、ときにはスマートフォンなども噛んで遊ぼうとします。
さらにはティッシュペーパーをぐちゃぐちゃにされたことがある人もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、犬がイタズラをしたときの対処方法についてご紹介します。

犬がイタズラをしたときの対処方法

犬がイタズラをしたときの対処方法

犬がイタズラをしている最中は、無視をすることが効果的であると聞いたことはありませんか?


たしかに、犬がイタズラをしているときに「あっ!」や「こら!」と反応していると、飼い主は叱っているつもりでも、犬からしたら飼い主に構って嬉しくなり、繰り返しイタズラをするようになってしまいます。


それを防ぐためにも、無視は効果的であると言えるでしょう。


ただし、それは犬が「暇つぶし」でイタズラをしていた場合のみです。


犬はさまざまな理由からイタズラをするため、「暇つぶし」以外の理由であった場合、無視は意味がありません。


それでは、無視以外にはどのように対処をすれば良いのでしょうか?


 

大きな音を出す

犬がイタズラをしているときに、死角から大きな音の鳴る物を犬の近くに投げてみましょう。


例えば、空き缶におはじきやビー玉などを入れた物が効果的です。


イタズラをしているときに犬の近くに投げつけることで、犬はびっくりしてイタズラをやめてしまいます。


こうすることで、犬は「イタズラをすると嫌な音が鳴るからやめておこう」となるわけです。

犬と遊んであげる

犬と遊んであげる

犬がイタズラをする理由のひとつとして、「欲求不満」になっていることが挙げられます。


日頃の散歩時間が足りなかったり、飼い主と一緒に遊ぶ時間を確保することができていなかった場合、犬は欲求不満になりイタズラをするようになります。


そのため、日頃から犬と積極的に遊んであげましょう。


そうすることで、根本的な理由が解決され、イタズラをしなくなるでしょう。

床をきれいにする

床をきれいにする

床におもちゃ以外の物を置いているため、犬はリモコンなどをおもちゃとして扱ってしまい、結果的にイタズラとなってしまいます。


それでは、物理的に犬がイタズラをできない環境にしてみるのはいかがでしょうか。


床に犬のおもちゃ以外の物を置かなければ、犬はイタズラをすることができません。


犬にイタズラをされたくない物は、テーブルの上に置いたり、片付けるようにすると良いでしょう。


 

ビターアップルを使用する

床をきれいに片づけても、家具などはさすがに片づけるわけにはいきません。


場合によっては、テーブルの脚などを噛まれてしまうことがあります。


そういった場合は、市販されているビターアップルなどを使用することをおすすめします。


ビターアップルがついたテーブルの脚を犬が噛むと、苦く感じ噛むのをやめてしまいます。


それがトラウマとなり、犬が家具のイタズラをすることは徐々に治まっていくでしょう。

まとめ

以上、犬がイタズラをした場合の対処方法についてご紹介しました。


犬がイタズラをする理由は必ずあります。


もちろん暇つぶしであることもありますが、イタズラをする理由のほとんどがストレスです。


飼い主と遊ぶ時間が少なかったりすることで、犬は日々ストレスが溜まっていきます。


そのイタズラの理由となっているストレスを解消することで、徐々にイタズラをしない犬になっていくでしょう。

けんぴプロフィール画像
  • Writing byけんぴ

ドッグトレーナーとしての修行経験があり、
主に家庭犬、警察犬の訓練をしていた。
現在はボーダーコリー2頭と生活をする愛犬家。

あなたは_ist?

Other Article