留守番も安心!犬のゲージで失敗しない選び方

留守番も安心!犬のゲージで失敗しない選び方

愛犬の留守番に欠かせないのがゲージ。
ただ『安いから』、『おしゃれだから』といって安易にゲージを選んでしまうと、愛犬がゲージを飛び越えたりするなんてことも。
せっかく購入したのに無意味になってしまっては勿体ないですよね。
今回は “愛犬を自宅に置いていく際にも安心できる” そんなゲージの選び方のコツをご紹介します。
 
 

愛犬のゲージ選びのポイントまとめ

ここからは実際に、犬用ゲージの例を挙げておすすめをご紹介していきたいと思います。


犬種や愛犬の大きさに合わせて、分かりやすくご紹介していきます。


ご自身の愛犬に合わせて、ぴったりのゲージを見つける参考にしてみてくださいね。


 


 

ゲージサイズは愛犬が横になれるくらいが◎

短時間の留守番の場合は、ゲージ内で愛犬が体位を変えられる大きさで十分です。


しかし、長時間ともなると話は別。ゲージ内にトイレスペースも確保できる広さが必要です。


トイレスペースと別に、寝られるくらいの広さがあるゲージを選びましょう。


 


 

ゲージを置くスペースがない…そんな時は!?

長時間の留守番をさせたくても、常日頃から大きなゲージを部屋に置くスペースがないという場合もあると思います。


そんな時におすすめしたいのが、折りたたみ式のゲージ。以下で紹介していきますが、犬用ゲージには木製や金属製、さらには布製など材質もさまざまなものが展開されています。


材質問わず折りたたんで収納できるものがあるため、スペースの確保にお悩みの方は折りたたみ式のゲージを選ぶことでお悩みが解決します。


また、折りたたみかつ軽量のものであれば旅行などの際にも使うことができます。ペット同伴可能なホテルや旅館でも役立つことでしょう。


ただ、あまりに軽量すぎるものだと滑りやゲージごと転倒する危険もあるので、ゲージ下部に滑り止めを敷くなどの対策も同時に行う必要があります。


 


 

木製ゲージはおしゃれなインテリアにも◎

木製のゲージは、ナチュラルに部屋に溶け込むためインテリアを崩す心配もありません。


木の色味を部屋のトーンに合わせることでおしゃれ度もアップします。


ただ、噛みつきが習慣化している犬の場合は木製部分に噛みつくなんてことも。そのため噛み癖のある愛犬には、木製ゲージは避けた方が良さそうです。


 


 

丈夫さで選ぶなら金属製ゲージ

犬種やサイズ問わず、ダイナミックに動き回る愛犬には金属製のゲージがおすすめです。トイプードルやポメラニアンなど活発な犬種にもぴったりです。


また、木製や布製と比較しても素材的に丈夫なのも魅力の1つ。ステンレス素材のものであれば、サビにも強いため水でしっかり洗うこともできます。


常に清潔なゲージで愛犬が過ごすことができるのもメリットですね。


 


 

留守番する頻度が低い場合は布製ゲージ

布製のゲージは、布の柔らかさが魅力です。


噛み癖のある愛犬はもちろん、ゲージ内を駆け回るような場合でも怪我のリスクが最小限。


強度に関しては、木製や金属製に比べると劣りますが、留守番頻度が低かったり短時間の場合は十分でしょう。


愛犬に優しいゲージをお探しの方は、布製ゲージを検討してみてはいかがでしょうか。


 


 

ゲージの高さも重要ポイント

せっかくゲージを購入しても、愛犬が飛び越えてしまっては意味がありません。特に、脚力の発達したトイプードルなどの犬種は要注意。トイプードルの場合、ゲージ上部に手をかけられる高さだと飛び越える可能性があります。


実際に筆者の愛犬(シーズーとトイプードル)を、同じゲージに1匹ずつ入れてみたところシーズーはおとなしく留守番できました。しかし、トイプードルは帰宅後にはゲージを見事に飛び越えていました。


このように同じ小型犬でも、犬種や傾向によってさまざまなのです。犬種や愛犬の性格に合わせて強度や高さのあるものをチョイスしましょう。

ゲージは愛犬のしつけにも役立ちます

ゲージは愛犬のしつけにも役立ちます

ゲージは愛犬の留守番アイテムとしてはもちろんのこと、しつけとしても役に立ちます。


トイレトレーニングの場合、ある程度の広さのゲージを選んでゲージ内にトイレスペースを設置。簡易で済ませたい場合は、トイレシートのみでも可能です。そうすることで “トイレ=ゲージ内 “ という流れを愛犬に覚えさせることができます。


ゲージによっては、トイレスペースが作られたものもあります。しつけと留守番ともに行いたい場合は、そのようなトイレ一体型のゲージを選んでみてはいかがでしょうか。


また、友人などが自宅に遊びに来た際は、ゲージ内という利用の仕方も可能。飛びつくような癖のある愛犬などにおすすめです。“来客時=ゲージ内” という習慣づけを行い、少しずつ愛犬に身につけさせましょう。


ゲージを使ったしつけは、留守番の際にも有効なため非常におすすめです。

気になるゲージの相場は?

気になるゲージの相場は?

ゲージの素材や特性は上記で理解していただけたかと思います。ここからは、実際にゲージの相場をお伝えしていきますね。


シンプルな金属製ゲージは、大きさにもよりますが5,000円~10,000円前後です。キャスター付きのものから、取っ手のついたものまで多種多様。カラーもシンプルなシルバーからスタイリッシュなブラックまで豊富にあります。


続いて、木製ゲージですがこちらは10,000円から25,000円前後です。家のようなフォルムのものから、シンプルな柵まであります。また、ダークブラウンから天然木のような明るめのカラーまで自宅のインテリアに合わせてチョイス可能。


最後に布製ですが、こちらは3,000円から7,000円前後です。やはり素材的に、上記2つよりはリーズナブルな印象。『とりあえずゲージが欲しい』というようなニーズにも対応してくれそうですね。


 


 

まとめ

今回は、愛犬の留守番に最適なゲージの紹介をさせていただきました。ご自身の愛犬に合いそうなゲージのイメージはできましたか?


愛犬を留守番させるのは、ちょっぴり寂しく不安ではありますが、最適なゲージを選んで愛犬も飼い主も安心できる環境づくりをしてみてはいかがでしょうか。


 

Aratsu Ryokoプロフィール画像
  • Writing byAratsu Ryoko

明るく楽しく自分らしくがモットー◎ 読者様も思わず笑顔になるようなHappyな執筆を心がけています。『読んでよかった』をたくさんお届けします。

あなたは_ist?

Other Article