フリーランスおすすめ!「在宅ワーカーの愛犬ダイエット法」

フリーランスおすすめ!「在宅ワーカーの愛犬ダイエット法」

家で働く方は愛犬といつも一緒にいられます。幸せな反面、甘やかしてしまったりおやつをついついあげすぎてしまったり…。
しかし、その結果様々な健康障害が起こりやすくなるのです。愛犬の健康や幸せな生活を守ることができるのは飼い主だけ。えさや運動に気をつけ、しっかりと管理してあげましょう。

肥満になるとどうなるの?

肥満になるとどうなるの?

犬が肥満になると、心臓病や糖尿病、皮膚病、関節への負担増など様々な病気や障害を招きやすくなります。しかし、適切な食事や運動で愛犬の健康は取り戻すことができます。寄り添う時間が長いという在宅ワーカーの強みを生かし、愛犬の肥満対策に取り組みましょう。

愛犬の肥満度を知りましょう

愛犬の肥満度を知りましょう

犬の肥満度判定には「BCS」という指針を用います。これに基づいて体型のチェックをしたり、体に触れて脂肪の付き具合を判断したりします。


しかし、判断が難しい場合もありますし、犬種によって理想体重は異なりますので、お医者さんに相談するのが確実です。健康診断を兼ねて相談してみましょう。

太りやすい犬とは?

太りやすい犬とは?

牧羊犬や狩猟犬として改良された品種の犬は、運動が少ないと肥満になりやすいと言われています。


そうでない品種であっても、去勢・避妊をすると太りやすくなるので注意が必要です。また、シニアになると運動量が減り、肥満になりやすいとも言われています。

愛犬のダイエット法①食事

愛犬のダイエット法①食事

犬も人もダイエットの定義は一緒で、[接種カロリー<消費カロリー]となるような生活をしていけば自然とスリムになっていきます。まずは摂取カロリーをどうやって控えていくかを考えてみましょう。

えさの選び方

えさの選び方

フードの量を減らす場合、一度にたくさん食べるより数回に分けた方が空腹を感じる時間が短く、ストレスが少なくてすみます。1日1回の給餌だったなら、その量を2回に分けて与えましょう。3回に分け、これまで10与えていたものを3:3:3にすれば量を減らすこともできます。


在宅ワーカーの方ならこうしたまめな給餌が可能ですので、食事回数を増やし、物足りなさそうな時には別のお楽しみに誘ってあげてください。


おやつは極力控えましょう。あげるなら低カロリーのものをほんの少しだけにして、1日の摂取カロリー目標を超さないようにします。「ご褒美」には普段のフードを1~2粒あげましょう。

愛犬のダイエット法②運動

愛犬のダイエット法②運動

消費カロリーを増やすには運動が欠かせません。運動により筋肉量を増やすことで、太りにくい体にすることもできます。


在宅ワーカーの方はどうしても運動不足になりがちですから、一緒に運動してみてはいかがですか?きっとお互いに楽しいですよ。

散歩の工夫

散歩の工夫

散歩は犬のダイエットや筋力アップに効果的です。


家の中の運動で十分な犬種もいますが、その運動量より摂取カロリーが多ければ散歩も必要になります。歩く時間を長くする、階段や上り坂を通るなどのルート変更で散歩の効果も上がります。すぐに抱っこをしないという飼い主の強い意志も大切です。


散歩嫌いなら、ルートを変える、通過ポイントごとにご褒美をあげる、ドッグランを利用するなどの作戦も有効です。なお、犬種によって散歩に必要な時間は異なりますし、関節や心臓が悪い、老齢など無理をさせられない場合もありますのでお医者さんと相談してみましょう。

室内遊びも良い運動に

室内遊びも良い運動に

室内遊びは、散歩に行けない日や普段の日の運動量アップに有効です。おもちゃを遠くに投げる遊びやかくれんぼどは犬も大好きです。老犬の場合は引っ張りっこだけでも良い運動になります。


ルームランナーのような運動器具も販売されています。愛犬の好きな運動を見つけて楽しく取り組ませてみてください。

さいごに

さいごに

成長段階や健康状態により、犬によっては無理のできないこともあります。愛犬のダイエットを始める場合、まずはかかりつけのお医者さんとよく話し合ってみることが大切です。性急なやり方は健康な犬でもストレスになりますから、ペースなども相談してみると良いでしょう。


家族の協力も必要です。誰かがこっそりおやつをあげていたのでは、ワンちゃんのせっかくの頑張りも台無しです。愛犬が幸せに生きるために大切なことであると共通の意識を持って、健康な体作りをしてあげてくださいね。

Ruchan24プロフィール画像
  • Writing byRuchan24

在宅ワーカーになってからというもの運動不足を日々痛感しています。皆さんにもペットとたくさん遊んで楽しくシェイプアップしていただきたいと思って書いております。

あなたは_ist?

Other Article