犬(愛犬)の服選び!かわいいのは?サイズは?

犬(愛犬)の服選び!かわいいのは?サイズは?

犬の服を選ぶときの基準は、その犬のサイズに合うものか?デザインや機能性はどうか?ということです。愛犬にとっておきの1枚を購入するために、今回は犬の服選びについての情報を集めてみました。

犬の服選びで注意をすること

可愛いデザインのものを見ると思わず手が伸びてしまうのですが、犬の服選びをするときには、いくつかの注意点があります。十分に心得ておかないと、せっかくの買い物が無駄になってしまいます。概ね、中型犬以下の大きさの犬の洋服が一番需要も高く、販売されている数も多いのです。


犬の体格は同じ犬種でも、かなり違っています。極端に胴回りの小さいタイプの犬や、比較的がっちりとした体格で胴回りも大きめの子などが、同じサイズのものを購入しても絶対に、ジャストサイズにはならないのです。犬の服選びで一番重要なことは正しく愛犬のヌードサイズを知るということです。


 

愛犬の採寸をきちんと行うことがコツ

愛犬の採寸をきちんと行うことがコツ

既製品の場合には「仕上がりサイズ」として表記されています。出来上がった時の寸法は、物理的に服を着ない状態で採寸したものよりも、若干大きめになります。その前に愛犬のサイズを知ることから始めてくだださい。


〇胴回り・・胸骨の一番出っ張った部分をぐるりと一周計ってみてください。これが胴回りのサイズとなります。


〇着丈・・首の付け根から尻尾の付け根までの寸法です。


〇首回り・・飾り毛の多い犬種の場合には、ゆったり目に採寸してください。


これで、愛犬のヌードサイズを把握できます。そしていよいよ、洋服を選ぶという段階になります。いきなり試着をして購入をするというよりも、予めサイズをしっかりと把握しておく方が、無駄のない洋服選びになること間違いなしです。


  

採寸をした後に既製品はどう選ぶ?

まずはタグなどをよく見てください。たいていの場合には「仕上がりサイズ」という表記になっているのです。これはヌードサイズからプラス3センチ程度の余裕を見て選ぶようにすることがポイントです。被毛が豊かな犬種の場合にはプラス4センチ程度の余裕を持っておく方が可愛く着こなせます。


メーカーによって表記方法は様々です。「ヌード寸法」と書かれている場合には、事前に採寸をしたサイズと、見比べてみて一番近いサイズのものを選べば良いでしょう。


 

似合う洋服を選ぶためのコツってあるの?

その犬の毛色や顔立ち、被毛の量などで洋服選びも微妙に変わってくるものです。例えば、冬場などになるとタートルネック系のセーターが温かくて重宝します。それでも胸周りの飾り毛の豊富な犬種には、却って着づらいという場合もあるほどです。


犬にとって、洋服を着ていても動きを妨げることなく、首回りにも違和感のないようなデザインのものを選んであげなければいけません。つまり、飼い主さんの一方的な押し付けでは、犬にとって「洋服」は快適なものにはなりません。ここは洋服を着させるデメリットに直結してしまう部分ですので要注意です。 


〇無理のあるデザインの洋服は選ばない


〇毛量に配慮して出来るだけシンプルなものを選ぶ


この2点を重要視して洋服を選ぶことで、必ず可愛く着こなしてくれるようになります。可愛く洋服を着せたいと考える前に、犬がどれだけ快適に、その洋服を着ているのか?ということを考え合わせる必要もあります。


 

愛犬に可愛い洋服を選びたい

デザインや機能性についてはサイズを決めた後に考えるべきことです。実際にいくつかの洋服があったとして、最終的にどれにしようかな?と迷ったときには、


〇愛犬の瞳の色


〇愛犬の被毛の色


〇性格やキャラクター


これらを吟味して選べば良いのです。普段から比較的クールな印象で、顔立ちも清楚な雰囲気であれば、シンプルなデザインのものでワンポイントがあるようなものをおすすめします。明るく華やかなタイプの犬には、装飾が多少、多く付いているデザインのものでも、十分に着こなせるはずです。


 

実店舗での購入の場合には試着をおすすめ

まずは人間と同じで「顔映りの良い色」というものが必ずあります。愛犬と洋服を合わせてみて顔映りがどうか?ということを判断してみてください。これだけでも、かなり洋服を絞り込めるようになります。許可があれば、一度袖をとおさせてもらうのも良いでしょう。インターネットなどでは、どうしても実際に手に取った時の雰囲気と画面で見る時との誤差が生じるものです。


お値段帯の問題もありますが、比較的リーズナブルで購入しやすい価格帯の洋服を実店舗で販売しているようなお店では、愛犬を必ず連れて行き、似合いそうな洋服を数点、試してみるのが一番手っ取り早い方法だと思います。


 

愛犬にとっての「着心地」とは?

飼い主さんは、どうしてもデザイン重視に走ってしまい、可愛い洋服を探したいという気持ちになります。これは可愛い愛犬のことを思えば、誰でも同じような気持ちになるものです。それでも実際に、大切なのは着心地の良い洋服であるかどうか?ということです。


人間に置き換えても、チクチクと肌障りの悪い素材の洋服や肌着は長い時間、着用することは不快なものです。肌の上に被毛があるので直接地肌に触れるものでもありませんが、神経質な犬の場合には、苦手な素材の洋服というものもるのです。


〇チクチクと固い素材


〇スパンコールやラメなどの装飾が過剰にされている洋服


これらは、基本的に避けた方が無難でしょう。出来るだけ柔らかい素材であることが望ましいのは言うまでもありません。そして、伸縮性のある素材の洋服を選ぶことで着心地の良さにつながっていくのです。


 

動きづらい洋服は避ける

見栄えがしてカッコいい、可愛いというデザイン重視になってしまうと、着心地を優先することは難しくなります。肌に直接触れる部分も、固いデニム、革素材の場合には、犬服としての快適性は損なわれると考えておいてください。創刊上げると、伸縮性のある素材を第一に優先する方が無難です。


 

まとめ

犬服を選ぶときには


① 必ずヌードサイズの採寸をしておく


② 犬に負担のかからないデザインを選ぶ


③ 素材を重視して肌触りの良いものを選ぶ


この3点を重視することで、犬も洋服を快適に着こなすようになり表情も豊かになります。これこそが愛犬に似合う可愛い洋服なのではないでしょうか。

熊谷よしえプロフィール画像
  • Writing by熊谷よしえ

愛犬との生活も10年を超えました。ペットライターとして、自分の知見や経験をより多くのユーザー様に正しく情報提供することが使命です。

あなたは_ist?

Other Article