飼いやすさが人気のフェレットの魅力と一人暮らしのペットにする際の注意点

飼いやすさが人気のフェレットの魅力と一人暮らしのペットにする際の注意点

フェレットは、つぶらな瞳と細長い体に小さな手足といった、可愛らしいフォルムがフォルムからペットとして人気を集めています。アパートやマンションで一人暮らしをしている人でも、飼いやすさが魅力の動物です。

そんなフェレットの飼いやすさや、動物としての特徴、飼い方と準備すべきことについて解説します。
一人暮らしで動物を飼育したい人は、フェレットの飼いやすさや特徴をチェックしてから、ペットとして迎えるかを検討しましょう。

フェレットの生態と特徴

フェレットの生態と特徴

フェレットはイタチ科イタチ属の哺乳類であり、海外でステップケナガイタチまたはヨーロッパケナガイタチが家畜になり、約3000年前から飼われていました。フェレットが日本でペットとして注目されたのは約30年前であり、猫や犬と比較すると国内でペットとして飼われ始めてからの年月は長くない動物の1つです。


フェレットの寿命は一般的に10年ほど、ペットとして飼育されているフェレットの寿命は、動物医療の発展に伴い最長で14年ほどともいわれています。体の大きさは30~50cm、体重は1kg程度と、小型犬と比較すると小さく、フェレットのメスよりもオスが小さいことが特徴です。


 


フェレットは非常に人懐っこく好奇心旺盛なことが特徴で、ペットとして飼われていると飼い主になつく傾向にあります


噛み癖を直したりトイレをしつけたりすることも可能です。ただし、フェレットを繁殖しているブリーダー、繁殖している場所ごとで生体の特徴には違いがあり、体の大きさや性格にも若干の差が生じます。


狭い場所で生活する動物であり、体が非常に柔らかいので、動物用として販売されている細長い筒状のおもちゃの中で遊ぶことが多いです。国内で購入できるフェレットの多くは去勢や避妊手術をした後の生態であり、家畜化されたフェレットは自然界では生きられません。万が一飼えなくなった場合でも、野生に返すといったことは厳禁です。

フェレットは規制されている動物である

フェレットは規制されている動物である

フェレットは、日本に繁殖場がありますが、元の生体は国外から輸入されるケースが一般的です。


しかし、海外でフェレット購入したとしても、輸入届出制度が定められていることから、感染症を予防するため基本的に国内には持ち込めません。


さらに、在来種に悪影響を及ぼす可能性があるという理由から、北海道で飼育する場合には届出をしなければならないことが特徴です。

一人暮らしにおすすめ!フェレットが飼いやすいといわれる理由

一人暮らしにおすすめ!フェレットが飼いやすいといわれる理由

ペット飼育可能な物件であれば、一人暮らしのマンションやアパートでもフェレットをペットとして飼育することが可能です。


フェレットが一人暮らしの人に向いている、飼いやすいとして注目されている理由について紹介します。


 

犬や猫のようなニオイがしない

フェレットの生体の多くは海外から輸入されており、加えて避妊手術と臭腺除去したうえで輸入されます。そのため、イタチ科の動物のなかでもニオイがほとんど気にならないことが特徴です。


フェレットの生体からニオイを発することは無くても、飼育環境によっては不快なニオイを感じる場合があるため注意しましょう。


1日に2回程度トイレをきれいに掃除し、1週間に1度ケージを丸洗いすればほとんど丸洗いすれば、不快なニオイはしません。犬や猫のようなペット特有のニオイはしないため、賃貸物件に住む人から飼いやすさが注目されています。


 

鳴き声が静かである

フェレットは鳴き声が非常に小さく、喜んでる時には鼻を鳴らし、威嚇する際や不機嫌な時には「シュー」と鳴き声を出しますが、隣の部屋に聞こえるほど大きな声で鳴くことはありません。


ただし、驚いた時に大声を出すケースがあります。


 

1匹で留守番させても寂しがらない

フェレットは、24時間のうちほとんどの時間を寝て過ごしていることが特徴です。そのため、仕事中や休日に外出している時に留守番をさせても、基本的に寂しがることはありません。


フェレットは夜行性であるものの、ペットとして飼育する場合には飼い主の生活スタイルに合わせられるため、飼い主が寝ている夜の時間帯にはフェレットも一緒に寝ることが可能です。


夜間に動き回ったり、鳴いたりすることはありません。生活リズムを崩されることなく、共同生活を送れるでしょう。


 

散歩の必要がない

フェレットは1日1時間程度ケージから出して遊ばせるだけで良く、犬のように屋外に散歩に行かなくても問題はありません。


ただし、好奇心旺盛なフェレットは、ケージの中でずっと過ごしているとストレスを溜めてしまうため、飼い主が自宅にいる時には自宅の中をで遊ばせたり、体を動かしてストレスを発散させたりしましょう。


 

狭いスペースでも飼育できる

フェレットを飼う際には、温度管理だけを徹底すれば、水やり、食事、トイレやケージの掃除以外の手間がかかりません。


ほとんど世話をしなくても良いので、一人暮らしのペットとして飼いやすさが人気を集めているのです。


猫や犬と比較して、ワンルームやアパート、マンションのといった一人暮らしの狭い自宅でも飼いやすいことが魅力の1つだといえるでしょう。


 

一人暮らしでペットとしてフェレットを飼う際に注意すべきポイント

一人暮らしでペットとしてフェレットを飼う際に注意すべきポイント

一人暮らしでも飼いやすいとして人気を集めているフェレットを飼育するときには、注意しなければならないことがあります。


主に4つのポイントについて確認したうえで、最後まで責任をもって飼育することが大切です。


 

フェレット用のフードだけを与える

フェレットは肉食の動物です。これまではフェレット専用のペットフードが販売されているペットショップが少なかったため、飼い主がササミ肉や生肉を利用して手作りのフードを作ったり、肉食である猫のフードを与えているケースも少なくありませんでした。


現在、一人暮らしのペットとして飼いやすさが注目を集めていることから、ペットショップやスーパー、動物病院、インターネットではフェレット専用フードを購入できます。


フェレット専用フードは、フェレットの健康を維持するために必要な成分や栄養素が配合されているので、主食として食べさせることが大切です。フェレットの食費は1ヶ月約1,000円、動物性タンパク質が35%以上配合されており保存料はほとんど使っておらず、消化に悪い繊維質が極力含まれていないものを与えましょう。


フェレット専用のフードと水だけを与えて、人間の食べ物は与えないことが重要です。


フードを与える量は、それぞれのフードのパッケージに記載されている目安量を守り、1日数回に分けて与えます。外出している時間が長い場合には、フードと水がなくならないように多めに用意してあげることがポイントです。


 

怪我や誤飲を防ぐために室内の環境を見直す

フェレットは狭い隙間に入り込んでしまうため、部屋の中に隙間を作らないことが重要です。


さらに、フェレットはゴム製品をかじってしまうことも特徴であるので、一人暮らしの部屋に置いてあるテーブルやベッドの脚の部分など、ゴム製品をかじられないように注意しましょう。フェレットのケージの周辺はもちろん、部屋の中で遊ばせる際にも、飼い主が注意して観察する必要があります。


赤ちゃんのフェレットは誤飲してしやすいうえに、誤飲したものを吐き出せず命に関わる場合があるため注意が必要です。室内には狭い場所がないか、フェレットが入れる程度の穴がないか、ゴム製品を置いていないかを確認し、フェレットが安全に過ごせる環境を作る必要があります。


 

フェレットの避妊や去勢をする

フェレットは、基本的に臭腺除去のほか、避妊や去勢をした状態で販売されていますが、万が一避妊や去勢をされていない状態で販売されていた場合には手術を行いましょう。


発情期には独特のニオイを発するケースがあります。そのため、手術を行うまでの間、空気清浄機や消臭剤を置き、ニオイの対策をする必要があるでしょう。


 

周辺にフェレットを治療できる動物病院があるか確認する

フェレットに限らず、ペットを飼う場合には自宅の近くに動物病院があるかどうかも確認しなければなりません。


猫や犬とは異なり、フェレットはすべての動物病院で診察をしてもらえるわけではない点に注意しましょう。


フェレットを診察・治療を行える病院は、地方にはほとんどないといっても過言ではありません。自宅の近くにフェレット(エキゾチックアニマル)を診察できる動物病院があるかを必ず確認する必要があります。

一人暮らしでフェレットを飼育するために準備するもの

一人暮らしでフェレットを飼育するために準備するもの

フェレットをペットとして飼うために、最低限用意しておかなければならないものがあります。


ペットショップやインターネット通販で購入できるので、事前に準備をしておきましょう。


 

フェレットが過ごすケージ

一人暮らしの部屋でフェレットを飼う場合、必ずケージを用意しなければなりません。室内でフェレットを放し飼いにすると、自宅の中にあるものを噛んだり誤飲したりするので非常に危険です。また、狭い隙間に入る習慣があるので、挟まってしまい命に関わる事故につながる可能性もあります。フェレットの安全を守るために、ケージを準備しましょう。


犬や猫、ウサギ用ではなく、フェレット専用として販売されているケージを用意する必要があります。フェレット専用のケージは、運動不足にならない程度の大きさに作られており、フェレット用のおもちゃを入れられるスペースもあるので、必ず専用の物を購入することが大切です。


 

トイレ

ケージ端にトイレを設置し、1日2回はトイレを掃除してあげましょう。ニオイが気になる場合には、消臭効果が期待できるチップも用意する方法が有効です。


 

ハンモックやベッド

フェレットが寝るためのハンモックやベッドを準備します。


フェレットは寝ている時間が非常に長いので、寝床を用意してあげると快適に暮らせるでしょう。基本的には、フェレット専用のケージとセットで販売されているケースが多いです。


 

フェレットは一人暮らしに最適なペットである

一人暮らしのペットとして飼いやすさが注目されるフェレットですが、購入費用のほか、飼育費用もかかり、世話をしたり遊んだりとコミュニケーションを取ってあげる必要があります。


経済面や生活スタイルを再確認し、最後まで責任をもってフェレットの面倒を見れるかどうか、しっかりと考えてから飼育しましょう。

ゆうきプロフィール画像
  • Writing byゆうき

記事作成・編集・校正を請け負うフリーライター。生物全般が大好きで、これまで飼育した動物の数は10匹以上。趣味はスキューバダイビング。

あなたは_ist?